Yoga  Citta  Vritti  Nirodhah.

​大人から始める哲学 : 人として生きることをより深く学び、花も実もある人生にしていく道の学問

古の哲学や精神修養は、人格育成を第一に考えたもの

~五十、六十の手習いも素敵な選択。この人生をもっと豊かに生きたいと願うなら、人生の中心である自分を磨こう~

*実践生活ヨガ行法に取り組みたいと寄せられた声

 数えきれないほどのヨガ教室に参加するも、その中身は、どれもマットの上で体を動かすことばかりで、それ以外のことは特別に話題にならなかったとのご感想を数多くお聞きしました。寄せられたお声にお応えして、サロンでは大人から始める哲学、大人のための精神修養と題して学びの場を提案しています。

 ヨガとは本来心の科学。古では「人の道(人格育成)』について伝承された実践手引きです。現代的に言い換えると『メンタル・コーチング』です。善き人や仲間に恵まれ、有意義な人生を送れるには精神的発達を遂げることです。

*合理的精神を払拭し 人の道でゆっくり深く学んでいきます

 高度経済成長期に合わせて激動の時代を生きた人たちの文化は、物質依存主義と合理的精神によるものでした。学校形式や規範に沿って就学することは確かに利便性がありましたが、その中で依存性が抜けず、自分を見失った人も多かったのです。頂いた経典や教書、戒律を守るだけも実は依存性です。他人に承認されるよう努力した日々から離れて、自分を支えに自分を活かして生きる=自己実現の生活を目指します。お互いを侵食することなく尊重し、自由な関わりが待っています。

*なぜ実践ヨガ行法が精神修養になるのか疑問を持つあなたへ

 ヨガと一言聞いて、あなたは体操や美容法を想像しますか?

例え話で説明します。包丁を思い浮かべてください。包丁は道具です。道具の使い方は人によって違います。命を奪う道具として使う人、インスタントラーメンに刻みネギを足す程度にしか使わない人、家族が困らないだけの食事作りに使う人、芸術的創作料理をつくる人と様々です。

 ヨガも同じです。上達度によって学ぶ内容が違います。肉体の扱い方は初歩段階です。エクササイズ的ではなく、ヨガ本来の心の科学に沿ってご自身の感じ方や考え方を調教し、エゴと癖を越えて人のなりを整えていきます。ヨガ行法は、エゴを消滅させて根源の自分に回帰する道です。

 

*最初の課題は自主自発で自己管理を実践します

 人間のあらゆる側面とは、心理的・身体的・精神的ならびに社会的です。自己実現は、朝起きるから始まって夜寝るまでが対象です。修養とは自律性を高め、エゴの保護や甘えの要求を浄化し、自己活力を日々高めるように生活をします。家庭と社会生活を通してエゴを浄化し、精神的自立度を高めます。

*共依存は自己管理能力が育っているわけではありません

 境界線を引かず他者と同一化しながらの生活スタイルは、自律も自立もしていません。家族の管理をしている立場だから大丈夫と思うのは錯覚です。相手に呼応して自分の役割を務めているに過ぎず、精神的自立ではありません。相手の行動に一喜一憂する人、気分が安定しない人・イライラする人は、エゴの保身と執着に興味を持って改善します。

*辿り着く場所は 善き習慣の集大成でしかありません

 毎日自分でつくった規律を守り、積み重ねて洗練させていくだけのシンプルさです。美しい姿勢も、健康な考えも、生活の安定も、どれをとってもエゴを越えた善き習慣の集大成でしかありません。状況をよく見極める客観視力と知性と理性が育っていくと、エゴと癖が姿を消し、自分本来に深くつながる仕組みです。ヨガとは『つなげ直し、結び直し、結合』の意味で、瞑想の『瞑(広く深遠なもの)』に想いを寄せていく行法なのです。

*三日坊主にならないために心得ておくこと

 人格は習慣が定着したものです。心の性向を知れば改善できます。人間の脳は、今まで使っていた習慣を正しいと思い込みます。そのため新しいことを始めると、かならず抵抗します。その脳の仕組みに引っかからないようにしましょう。体得の7段階をご紹介しておきます。意識の変化を楽しんでください。

※エゴは保身と悪癖をするもの 自分はエゴを観察するもの

①身体や心に起こっていること・課題・作業に気づいておく

②不機嫌、やりたくない気持ちが起きたら一段上から観て分別する

③感情的にならずに理性に基づいて作業を遂行する

④怠けることなく続けると、達成感と喜びが生じてくる

⑤喜びを感じつつ実践を続けると、身体も心も軽くなっている感覚が生じる

⑥感情の乱れなく作業をいつでも遂行できる

⑦修養が上手くいって、修養しなくてはいけないなどの考えもない

*暴力とは何かを知って日々実践します

 ヨガの禁戒(やってはいけないこと)5つの筆頭に取り上げられているのが、アヒンサ(非暴力)です。殴る蹴る暴行を加えるだけの意味ではありません。真意はもっと深遠です。大人から始めるなら、物事を深めて学びましょう。

・感情的暴力→快不快を律せず野放しであったり、他人に関与をさせている

・精神的暴力→知性と理性の発達を伴わせず行動を律していない

・肉体的暴力→体重管理を始め、身体的機能を精査せず老化を速めている

・知的暴力→学習することなく人格育成を考えて行動していない

・経済的暴力→自分の生活を維持するだけの資力を得ていない

・社会的暴力→対人関係や社会性生活に適応していない

*ありのままからあるがままに近づこう

自己を正直に受け入れることがスタートです。ありのままの自己が教材です。学問は自分のためであって、己のためではありません。道が進むにつれて発見が楽しくなり、道に深く感謝し、自分をどこでも活かせるようになりましょう。心を広く大きくし、心豊かな人生を送るためにヨガ行法を役立てください。

 

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/5

​毎日の生活を自分を育てる時間に使っていく

キッチンインテリア

いつもの住空間で自分を教え導いて学ぶ

愛

​大人から始める・大人のための哲学と修養