Quality  Of  Life (QOL) 

​家庭内トラウマからの回復 生きづらさから解放されよう

~対人関係に潜む共依存病理を自覚する

​≪共依存の核となる一次的症状

①自己を愛せない障害

・・・自尊心の欠如から(他人の評価・関心を得られないと)自己を愛せない

②自己保護の障害

・・・他者との間に境界線を設けることが難しく、他人に介入し過ぎたり又は介入させ過ぎたりする

③自己同一化の障害

・・・自分に起きている現実を認識することが困難である 他人ばかりが気になる

④自己ケアの障害

・・・自分の要求や欲求を表明することが難しく自己管理がなかなかできない

⑤自己表現の障害

・・・自己の現実を年齢・状況に沿って表明することが難しく、様々な状況に適応できない

≪歪んだ認識の二次的症状≫

①逆支配・ネガティブコントロール

・・・自分が快適になるために他者が努力すべきだとコントロールしたり、相手好みに振る舞って相手に自分を必要とさせる。

②憤り・恨み・妄想計画

・・・健全な境界線を設けて自己を守ることのできないことを相手のせいにして憤る 憤りが起こった対象者に恨みの感情が湧き、自分が安全な状態になるように計画を立てて実行に及ぶ 自分で作っているフラストレーションを自分で処理が出来ない

③精神性発達の遅れ

・・・過去の傷ついた心によって自分で自分を支える力が育っていない 人を上下や優劣で捉えやすく、相手を支配するか相手を崇拝する側になるかに関係が留まる

④嗜癖・精神疾患・身体疾患

・・・不安を鎮めるために強迫的になるか、夢中になる嗜癖(物質・行動・対人)行動をを一つ以上もっている 慢性的な身体症状を持っている

⑤親密性の障害

・・・癒着やパーソナルスペースの取り方の問題が残っていて適切な距離感が作れない

共依存からの回復にはまず正しい知識を持つことです。最初の一歩は自分の問題に耳を傾けてくれる援助者を探しましょう。

1/4

​家庭内トラウマ・行動の癖を認識しよう

ピンクのリビングルーム