Quality  Of  Life (QOL) 

女性の輝きと美しさのために生活の質の向上を目指しましょう

~長期化心理ストレスと免疫力の低下による女性生殖器疾患

≪婦人科系の疾病≫

アーユルヴェーダにおいて生殖器ホルモンは、大切にかつ神聖に扱われています。

月経の言葉のごとく月の満ち欠けのように、日々繊細に女性の身体は変化をしています。からだはこころの鏡ですがご存知ですか?婦人科系の疾病率が増えてきている現代、女性の身体では何が起こっているのでしょうか。

 

・視床下部と性ホルモン

月経周期は、簡単にお話しすると『脳と子宮のパートナーシップ』です。視床下部ー下垂体ー卵巣系の相互的なフィードバックによってコントロールされています。視床下部は『人間の情動』に深く関与しています。感情を司る脳です。下垂体刺激ホルモンは心理的ストレスなどによる不快感に長く晒されると、本来の機能を阻害され機能低下を起こしていきます。月経サイクルが狂わされ、月経不順や無月経、子宮筋腫や内膜症、並びに性感染による子宮頸がんや体がんなどの疾病率が高くなります。乱れたときほど心に正直になるケアが回復の道をつくります。

・ヴァータ性(神経系)とピッタ性(血液・肝臓機能)の乱れ

当サロンではアーユルヴェーダの原理を取り入れて婦人科系の疾病をカウンセリングします。まず心理的ストレスによる問題を最優先に考えます。不安、苦悩、葛藤、逃走、対抗心、優劣心などの不快感覚は情動不全を起こし、肝機能・副腎・甲状腺等の問題に影響を及ぼしていることが少なくありません。放出と抑制のバランスを取り戻すために心を安定させ、生活の質を高めて改善します。定期的に心理カウンセリングとアーユルヴェーダ発汗療法で心身両面の緩和をすると、内膜症や月経不順が改善するケースが少なくありません。

 

・性感染(HPV)による異形成や子宮頸がんや子宮体がんのケア

早期発見において生存率が高いことで知られる子宮頸がんは、性交渉によって感染します。女性の9割の人が生涯で一度は感染するといわれておりますが、そのほとんどは感染しても膣の自浄作用によって自然消滅するといわれています。しかし、高危険ウイルスHPV型の感染を伴った場合や、排除が出来なかった場合はがんへと進行します。めずらしい場合は、最後の性交渉から10年近い潜伏期間を経て、扁平上皮異形成(がん前期症状)へと進行し発覚することもあります。人体の自浄作用を高めておくためにもアーユルヴェーダ療法を実施しましょう。

※HPV→ヒトパピローマウィルス

・疾患による心理ショックと不安定を改善しよう

子宮頸がんの検査結果で陽性の疑いを目にしたとき、多くの女性が性交渉に関して罪悪感を持ち自分を責めています。異性関係における後悔の念や恐怖、焦燥感が押し寄せて何も手につかず、心が非常に不安定になる方が多いです。ネットで沢山の情報に触れることもできますが、検診後はまず落ち着いて主治医の指示に従い細胞診とHPV検診をしっかり持続しましょう。心の不安が強いときはカウンセリングを受けて、自責と苦悩を減らしていき生活改善に努めましょう。恋愛嗜癖・対人嗜癖でお困りの方はご相談ください。

規則正しいリズムと生活の質を高めて自己免疫力の向上を

アーユルヴェティックライフでもおすすめしている質の良い生活は、自己免疫力の向上に役立ちます。質を妨害するものを覚えておきましょう。

・喫煙

・アルコール摂取

・不特定多数の人との性交渉

・睡眠不足

・働き過ぎ

・長期的な心理ストレスの問題

・嗜癖や依存症

・思考癖やパーソナリティの問題

上記に該当する方は、日常生活を整理整頓することから始めていきましょう。

心理療法と自然療法の両面で緩和を目指しましょう

質の良いオイルマッサージと発汗療法を行うことで、深部から生理作用が促進します。アーユルヴェーダ伝統療法は自律神経を整え、鎮静作用・抗菌作用・血行促進作用・止血作用・抗不安作用などをサポートすると考えます。不安や苦痛の緩和のために自然療法のご利用をご提案いたします。

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/4

リラクゼーション効果 ・ 恒常性の向上

高品質のオーガニックオイル製品たち