Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

この時期の肺の疾患に対する予防策


予防は、病気治療よりも望ましい。

それがアーユルヴェーダの目的。


日々生活を整えておくから、

その豊かさゆえに健康で楽しい生活が遅れると考えます。


冬に起こりやすい症状で代表的なのが呼吸器の疾患です。

咽頭、副鼻腔、肺は、乾燥に影響を受けやすいことは、

もうご存知かと思います。


それだけではなく、

頭皮、表皮の潤いも保持しておかないと、

どんどん血行不良を起こし、体内の治癒力も予防力も低下します。


乾燥から知覚過敏が起こりやすく、筋肉の緊張が著しく起こりやすいため、

ストレスを解消するのに抗不安作用がある『砂糖』に手が伸びがちです。


自然療法やマクロビでは、

細菌性肺炎は、

肉や卵や強力な動物性食品などを繰り返し摂取した結果、

潜在要因に極陽性が起こっていて引き起こされると視ます。


また、それらの誘発は、

精白小麦粉・脂肪・乳製品・焼いた製品の取り過ぎといった、

極陰性の偏食によって引き起こされるとも。


ふたつの食習慣が、堆積物を増やす原因になります。


過剰な粘液が堆積すると、

鼻腔、副鼻腔、気管支、毛細血管などは閉塞気味になり、

循環が悪くなりますので、この状態でウィルス感染すると治癒が難しくなります。


衣類や暖房機で調節しているだけでなく、

食事からの予防も大切にしてください。



伝統的な自然療法では、

陰性に傾いているかどうかェックする方法に、『顔』に注目します。

あなたの頬に吹き出物は出ていますか?


顔面のどこに吹き出物が出ているかで、体調を観察します。


頬や口周りや顎周辺に吹き出物が出ているのを、

ただのマスクかぶれだと認識してませんか?


頬周辺に出る吹き出物は、

乳脂肪や砂糖、小麦粉などの陰性食品の食べ過ぎの警告の可能性があります。


砂糖の取り過ぎは、額や目元や頬に縦ジワまででてきます。やつれやたるみが多くなります。


グルテン過剰摂取は顎周りに吹き出物が出やすく、頬は赤くなりがち。炎症反応や腫れやすい。


頬の赤みは、アルコールや刺激物、動物性食品の偏食による毛細血管の過剰な働きによります。




慢性的な気管支炎や副鼻腔炎は、肥満傾向(カパ性傾向)の人に多いので、

この冬の時期は体重増加にとくに気を配ってください。


冷たい飲み物、甘いジュース、脂肪や油性の多い食品、アイス、生クリームなどの誘惑に、

どうぞお気をつけてください。


陰性に傾いた場合は、

長時間火を加えた調理法に変え、

幾分味は濃い目に調整し、根菜・海藻類を大目に加えて調整します。

玄米食はおすすめです。


ショウガ、レンコン、大根、玄米、玄米茶といった材料は、

手ごろに手に入ります。冬野菜はまさに薬膳そのものです。

咽頭や気管支、鼻腔の閉塞が起こったような感じが少しでもした時は、

調理にまめに使用して予防に役立ててください。