Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

メンタルに不要なものが妨げます(ヴィクリティ)




動かく属性のラジャスが、だんだん増えてくれるといいとアーユルヴェーダでは考えます。


ラジャスは、ひとに与えてもらうものではありません。


自分で実際に動いて、やって持たせてあげるものです。



日本語では自律性の言葉が、一番近いと思います。



ラジャスが増えず非自律に傾くと、


人間が持ち出すメンタルが後悔です。



悔やむ心は自然と生まれます。



日本語では罪意識が近いと思います。



このとき、どうじに自己蔑視が起こっています。


悔やむほど苦しくなり、苦しくなるので、無理に厳しくなろうとします。



新しいことが目まぐるしく起こるこの季節、


メンタルに不必要なものは自己蔑視と厳しさです。



春に多くなる不調のダントツは、胃腸障害。



これは消化不良というよりも、


葛藤、プレッシャーからおこる生理作用によるものです。



心因を除いてあげることで、不調の脱出が叶います!(^^)!