top of page
Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

メンタルの向上が響き渡たるような生活を




皆様の心が健やかになりますように、

そして、

その心によって身体が健やかになりますように。

そんなブログ内容を心がけてご紹介したいと思います。


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



アーユルヴェーダの中身を別の言い方にしますと、

メンタル・フィジカル・スピリチュアル。

日本語にすると、

心・体・精神になります。


ただ並んでいるのではありません。

この順番がもう生き方の秘密を明かしています。


一番最初にくる『心』が重要であるとね。


今、どんな心を持っているのか。

身体の中の空間に何があるのか。

それを自分が一番理解して、健やかに保つのが人生を有益にすると考えるのですね。


心の形を変えるそれは、身体の中を縦横無尽に動いています。

日本の方は『気』ということばが思い当たりやすいかと思います。


その動きによって突き動かされ、心は掌握されると考えます。


気は、

①怒りに激化し、

②喜びに和らぎ、

③悲しみに衰え、

④恐れに沈み、

⑤冷たさに縮み、

⑥暑さに吐き出され、

⑦驚きに混乱し、

⑧披露すると消耗し、

⑨考えると詰まる

以上の動きをします。


気は心の病をつくります。

停滞させ放置してはいけないもの。


わたしたちの生活にふいに入ってくるものばかりですね。


重要なポイントは②。


昨年末にご紹介しました優しさ(自己愛)をもって、

意図的に心を観察し、

②を配ってあげるのです。


個人の生き方を確立するためにサポートするのが愛情。

愛情なら心は向上します。

愛の向上、心の向上をを我が身の体験で実感して頂きたい。


歓びとともに生きる生活、それがアーユヴェティックライフです。


今月は、

アーユルヴェーダの人生の指針(プルシャールタ)の4つを、

改めてご紹介します。

・ダルマ(義務)の学び

・アルタ(財力)の学び

・カーマ(喜び)の学び

・モークシャ(解脱)の学び


本日ご紹介した②の喜びについても、

人生の学習だとしてるところに注目してください。

では次回に。




bottom of page