Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

ルーズと消極性は比例します



部屋が片づかない、モノが溢れている状態を例にしましょう。


ルーズと消極性と人格は非常に深い関係があります。



『心のカプセル化』を持った心は、何かに依存したくものなのです。



物質に過剰に頼るような人格になります。


収集癖は、満たされない心の不満や不安を薄れさせる目的で行われます。


(嗜癖といいます)


嗜癖は、共依存病理の特徴的な行動です。


物が保護者の代わりともなるのです。



また、自分でルールを決める体験が少ないため、


必要なものと必要でないものを分けるルールができないことで、


ドンドン沈溺します。



こうしてルーズが定着します。


命の働きは活かそうとする動きなのですが、


そのひとの心理作用は常にその逆で後ろ向きに構えられます。



もうひとつ無意識的に働いている心理作用は強迫性です。


監視・管理を受け続けているため(心理上)、


罪意識が随伴しますね。


やるべきなのに(強調)、


でもやりたくない。


拮抗する状況からやらねばならないがさらに強まります。


強迫性が必ずくっつきます。



もし、そうした事情を持っているなら、


ただ『マイルールで進む積極性』の経験不足なだけですよ。


意識しながら片づけていくことをおすすめします。



積極性がある人は、経験者なだけなのです!(^^)!


命の働きと心の方向を同一方向にまとめます。



片づけることは、自分を楽にしてあげること。


捨てることは、自分の心をかく乱させるものから優しく遠ざけてあげること。


もったいないは、ただのしがみつき、依存の姿。


そんなことばを意識しながら、真新しい自分へと一日一日近づいてください。



経験は、あなたの自信になってくれます。