Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

予防は病気治療よりさらに望ましい



アーユルヴェーダの目的は大まかに分けて二つ。

①健康な人の健康を保護すること

②病気に陥った人の病因を根本から取り除くこと


日頃の生活は、健康を維持するために営まれていることが望ましいです。


サロンにご来店のクライアントさんには、

苦痛の緩和ステージと精力増進ステージとで提供する内容を分けています。


先日ブログでご紹介した白湯のお勧めも、

行く末は精力増進をずっと続けるためのスキルです。




苦痛の緩和ステージは、根源であるメンタルアーマを見つけることが主になります。


アーユルヴェーダでみる病気は『種子』に始まります。


病気が発現するずっと以前に、

不益な情報を有益と勘違いし、

バランスを回復するためにとったその行動が、

悪因だったことを突き止めることです。


種子が身体の管を通して廻ってしまい、

一番弱いところに集まって増悪な状態をつくっていくと考えます。


白湯は、その流れを掃除してくれるのに最も相応しい飲み物なのですね。


味がないようでばっちりあるもの。

味覚は内臓の鏡。

刺激物に反応するようになると、

繊細な感覚がガンガン落ちて(泣)美味しく感じないのですね。


健康を維持するには、種子をかならず排除すること、

流れを切り替えることが大事です。



精力増進ステージに入ると、今度はより精力を上げる生活を心がけます。


その際にお勧めしているのが『管を柔軟にして運びを良くする』行為。

それを毎日することです。


スリランカ研修中、私たちにその行為を教えてくれたのは、

アーユルヴェーダ大学の先生(ドクター)でした。

(アーユルヴェーダの中でとり込まれるヨガを教えるのも大学の先生です)


柔軟性が徐々に向上するのが目的。

(指導してくれた先生の柔軟性が、まだまだ発展途上なのがとてもおもしろかったです)


運動嫌いの人も、健康維持のためとなれば別です♫


白湯と体を伸長させる動作を毎日盛り込むことが、

精力増進の鍵になります。


小さな行為がつながって、

廻りがとってもスムーズな身体をつくり、

精力みなぎる体にします。


運動嫌いな人ほど、お得な感覚になるからとてもおもしろい。


難しく考えない&地道に出来そうなものだから、

人の心を動かします(^^♪