Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

人生は直勘で失速する仕組み



エゴがやってしまうこと。


それが直勘(ちょっかん)。この選択肢で失速します。


ではヴェーダ理論で解明します。



直勘とは字のごとく、


エゴがぐ、直感や直観と違いする行為。


だから遅かれ早かれ失速していきます。



直感とはとても神聖で尊いものです。


ですから、にわかに直感だとは認識に至りませんし、


そもそも私たち行法者は口にしません。


そうした勘違いをするのがエゴだからです。



幼少期から沢山の環境因子の中で、


私たちの意識はトコトン神聖(な理知)から遠ざかっています。


気持ちを満たすため、不満を満たすために'勘違い'を働かせてるに過ぎません。


エゴはその場さえ良ければ、満たされればいいの達人です。



本来はそうしたことを見抜くために経験に経験を重ねて精査し、


'観'を発達させていきます。


本質を見抜く直観は、高度な理性に反することは一切ありません。


また永年その識別は覆されません。



ものすごく奥が深いのね。


そうした奥深さに触れることなく、浅はかに考えるのがエゴ。


勘と言う字をよく見れば、甚だしい力と書きます(笑)



勘違いを直感や直観だとする愚か者から物事を習うので、


迷信妄信狂信になると言うぐらい明確なことだと語っています。



観を育てるためには、


外を向くのではなく、内に目を向ける時間を持つこと。



内観法は瞑想実践行法に欠かせないもの。


そしてそれが自己実現に必ず繋げてくれます。



※補足


直感→内なる神性な本質が感じること


直観→(道徳観)瞬間的に本質を見抜く


第六感→野性の勘・動物的生命存続から発するもの


直勘→エゴ中心を増幅するために活用しているもの