Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

健康と平穏のある日常



今年もあとわずかです。


この時期はヴァータ性が優勢になる季節です。


・軽性

・鋭性

・冷性

・荒性

・硬性

・移動性


乾燥、寒波の影響で知覚器官はいつも以上に激しい動きをします。


早合点をしたり、すぐ飽きたりと、好き嫌いが必要以上に動きを増します。



こうしたヴァータ性が優勢になる季節は、


意識的に潤い・まったり・ゆったりを心がけてキープするのがコツです。



近代社会の習慣から、


お正月戦線さながらのバーゲンに、いざ飛び込むような人は、


ヴァータ性の裏側の働きかけに乗っかってます。


自己責任ですが、


くれぐれも気分のアップダウンはご自身でコントロールしてください。



わたしたちは文化の影響を受けるたびに、


強くも賢くもなろうと努力します。


上手に向き合ってください。



ヴァータ性が優勢な場合、味覚を通して調整するときは、


甘味、塩味、酸味を揃えていきます。


ちょうどおせち料理は素晴らしい。


伊達巻、栗きんとん、黒豆煮、御煮しめ、紅白なますなど見事合致します。


いも煮や雑煮、おしるこなど、心身ともに調整する昔ながらの知恵なのです。



また、台所を取り仕切る『母』のお休みも兼ねてますから、


わざと御煮しめは濃い口にして痛まないようにしていますでしょ。


受け継いだ伝統の中に、


潤い・まったり・ゆったりする大事な知恵が、


いくつも盛り込まれていることを思い出さないといけませんね。




均衡が崩れたとき、人は苦悩を味わいますが、


不調や病気を発病させることで一応バランスをとっています。



もしそれがなかったら、


わたしたちはもっと厳しい状況に晒されて後悔します。



一度病気になったら、


病気になるような生活はしないこと。これに限ります。



アーユルヴェーダは、


予防は病気治療よりもさらに望ましいものだと教えています。


ほんとうにその通りではないでしょうか。



これから先、


わたしたちは得体のしれないウィルスたちと共存しなければなりません。


頼みの綱は、日常から健康を考えて精力増進しておくことです。



健康と平穏がある日常を、


知恵と自らの行動でつくっていきましょう♪



皆様、良いお年をお迎えくださいませ。



一年間、サロンハナミズキをご利用いただき、誠にありがとうございました♫


来年も皆様のお越しをこころからお待ちしております。