Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

積極性のつくり方・ただやる時間をつくろう



新年度の季節に乗っかっていきましょう。


先日、後ろ向きな性格について質問がありました。


アーユルヴェーダで説明します。


性格の土台には、『3つの精神的属性』のうち2つが強く関わっているといいます。


①タマス・・・惰性、粘着性、執着性、無知の状態

②ラジャス・・・動性、激性、燃焼性、強欲の状態


そもそも人間は誰もがタマスから始まっていると考えます。

赤ちゃんから始まって、

誰かにやってもらって成り立つ状態だからと考えてください。


タマスがずっと優勢だと執着・粘着性が強くなるため(いわゆる依存)、

一つの状態に留まりやすいので無知が定着すると考えます。


ということは、そこにラジャスを作ってあげるのですね。自分で。

後ろ向けな性格とは未開の状態と考えれば良いのです。


消極的な人の考え方の特徴は、

頭で難しく考えて引きこもる選択をしがちです。

どうやったら成功するかと無駄に考えて動けなくなっています。


積み重なるうちに、セルフイメージが『ダメな人』になり、観念に至ってます。

観念は、無意識下で強い働きかけをし、常にそれになるよう仕向ける脳の働きです。


ということで、

好奇心をもって気持ちが少し明るくなってる自分で、

ただ早起きだろうが、食事だろうが、体操だろうが、掃除だろうが・・・・・色々。

やったらいいのです。


ただやって、よくやりましたと、声に出して自分に聞かせるのね。

これで精神作用のラジャスが土台に入ってきます。


それが積極性だから♡


脳は騙せるの。意識は使いようwww

小さな積み重ねで、セルフイメージをブラッシュアップしちゃえるのです。


ただやる。それだけ。積み重ねるだけ。です。

そんな時間を一か月、二か月と続けてください。