top of page
Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

心のなかに自己愛を持とう



メリークリスマス!


星詠み。

20日に木星が牡羊座入りし、

23日には今年最後の新月がありました。

山羊座に星が集まってきて、物事は新しい組織構成へと向かっていきます。


『力』で動かそうとしていた状態が自然分解し、

過去気にしていた『力』への執着が薄れ、

なんか吹っ切れてしまっている感じが漂ってます。

2023年3月までは、

双子座に居る火星が、後ろでチャキチャキせっせッと活動を促している感じがします。


こういうときは、元に戻ろうとする動きは妨げにしかなりませんね。

動きながら考えるぐらいな心持とのほうが、助けになりそうです。


年始を待たずに、もういいスタート感を持ってる人も多いかもしれません。

12年分のプロセス、

もしくは2008年からのプロジェクトを完成させていて、

ふと足元を見れば、

もう次なるものに結びついているような。いるべき場所にいるような。

課題はこれだよと、もうメッセージを受け取っているような感じがします。

ぜひ変化の流れの真っ最中を楽しんでください。



さて本題。


新しい生活、

新しい試み、

冒険が始まろうとするときに、

あるかどうかを確認しておきたいものをご紹介します。


あなたの心の中に『優しさ』がありますか?


優しさとは、

悪しきところも濁っているところも、

自分のなかに『有る』と、

認めていける状態にする後ろ盾。


善悪・清濁を併せ吞み、丸ごとをドンと受け止めるちからのこと。


では、後ろ盾がないとどうなるのでしょうか?


答えは、

悪しきところや濁っているところに直面したら許せません。

良いところしか許しません。


そのため、

『無い』とする方向に進みます。


良いところだけを膨らませた自分を念頭に置いてカバーします。


ところが『無い』としたのに、

生活をしていると、

悪しきところも濁っているところもよく出てきます。


さて、

このような事態になったとき、

人の心はどんな手段に出ると思いますか?


罰します。

自分で自分を傷つけるのです。

ダメだダメだと蔑みます。


なぜ、ダメだダメだと蔑むのでしょうか?


それは、

一瞬だけでも、

『ダメな自分』の姿が消えてなくなったような錯覚に陥るからです。


でも、結局はなにも解決してません。


このような不益な連鎖を選んで、幸せな生活が営めるでしょうか?

営めませんよね。


今日から、

優しさ(自己を許し愛する力)を意識しましょう。


愛嬌のある人になるってキーワードはどうでしょうか。


優しさを自分のなかに強く意識して持ってみましょう。

それがクリスマスギフト。


自分の優しさ(自己愛)によって心が定まり、

定まるから、落ち着いて見えてくる。

見えてくるから、沢山の学びを得る。

学びを得るから、生活が整う。

整うから、より人生が豊かになる。


そんな有益な連鎖を起こすためにも、

肌身離さずもって生活しましょう。



bottom of page