Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

心の中に入り込んでいる不善を見つける


前回は、環境を変えられない人のためにご紹介しました。


たとえラッキーなことに環境を変えられても、

自分の本質的な部分に変化がなければ何も変わりません。


善い見本や手本に出会えても、

付き合う交流が変わっても、

環境の条件が格段良くなっても、

内面が変わらなければいっこうに幸福は訪れません。


では、

態度に関わっている心について考えましょう。


自分の心の中をみつめようとするとき、

特殊な力が必要です。


それは精神集中力です。


外部の情報をシャットアウトし、自分の内側だけに意識を向ける力です。


この作業は、

目に見える物質を見るのとは違うので気合の入れどころです。


『私』を『もう一人の私』がみるような作業ですから。



簡単なことからはじめ、全容を掴むためにどんどん細かく分析します。

研究心、探求心、宝物探し、そんな気持ちを持ちながらやってください。


くれぐれも罰する気持ちを起こしてはいけません。



第一段階 → 消極性かそれとも積極性か 


第二段階 → 誤まった物の観方、錯覚、先入観、固定観念がないか


第三段階 → 二元性への囚われ(優越と劣等、勝ちと負け、上と下、支配と服従)が存在してないか


第四段階 → 征服欲、所有欲、損得への囚われが入り込んでないか


第五段階 → 『私』の望みを口にせず、いやいや態度で示していなかったか


第六段階 → 『私』の責任を他人にすり替えていなかったか


第七段階 → 本当は『私』を押し通す目的が強まって執着心が起こっていなかったか


という具合で掘り下げると、慣れ親しんだ生活態度を改めやすくなります。



さらに一段上の心理分析をしたいなぁと思う人は、

傲慢、高慢、虚飾、強欲、嫉妬、憤怒、怠惰、憂鬱、暴食、色欲、

などが関わって突き動いていないか考えてみると、

人間性の向上に役立ちます。


『私』って色々な欲求を持ち出しますから、

不健全な内容物はそもそも排除して、人間性の基礎作りをするほうがいいですね。



『もう一人の私』で『私』の不善行為を見つけてあげられたら、

クスッと笑えるくらいがちょうどいい♡


自分の心が専制的になったら本末転倒ですから。


生活態度を変えるとき、

もっとも活躍してくれる存在は、

今までの私とは違った『もう一人の私』の存在です。


人間性の基礎作りが着実に進んでいくと、

人との交流は自然と変わっていきます。


自分の力で自分が変わっていく様子を自覚でき、

それを喜びべるなら、人は楽しいので続けられます。