Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

感情のケアと味覚の関係



心の乱れは身体にしっかり現れます。


先日、感情の抑圧をすると身体のどの部分に出やすいかご紹介しました。


ヴァータ性→腰から下と頭部。腎臓や大腸、生殖器、頭部。


ピッタ性は、腰や中腹部周辺と右肩。肝臓、胆のう、膵臓、脾臓。


カパ性は、胸から上。胸部や気管支、副鼻腔や全身倦怠。


ヴァータ性は運ぶ性質そのものなので、一度かかると全身にその不快感がいち早く広がっていきます。

神経過敏はヴァータ性が異常に上昇していると考えます。


私たち人間は感受の機能が働いて、

体内の苦痛を何かを通して訴えてきます。

味覚もその一つです。


ヴァータ性とカパ性は、真逆の性質を持っていて、

運ぶ性質と動かない性質が合わさった状態です。

この葛藤が混乱となってご本人を襲います。


そのとき人は『甘えたい気分』になります。人の援助をいつもより必要としています。

この二つが過剰に上昇して不調に至っているときは、

『甘味』を非常に欲しがるようになります。


ピッタ性が上昇しているとき、体外に向けてのエネルギーを必要としています。

興奮するようなものを欲しがるので、

このときは『塩味や辛味や酸味』を非常に欲します。

汗をかいて熱量を燃やすイメージです。


ヴァータ性とピッタ性が合わさると、

味わいどころではなく、気がかりが異常な具合で存在しています。

拒食傾向に至りやすく、最も枯渇しやすい状態です。


単独でカパ性が上昇しているとき、

人は内にこもるようになるといいます。

そんな感情には、ひとり黙々とそれに浸りたくなるため、

『渋味や苦味』を欲します。

苦い思いをしたから苦いコーヒー。なんてのは、なまじ嘘ではありません。


とてもシンプルな訴えを私たち人間は、自然としています。

素性を知るほどに、心理作用が安定し、精神的自立がスムーズになりますからね。


味覚から自分の今の気持ちに気づいて、適切にケアをすることだってできますよ。