Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

機能しない自己定義は潔く払拭する



自我を動かしているのは「自己定義」です。

自己を活かせない考え方も不益でデトックス対象よ。

それがアーユルヴェーダ。生命の科学。



私たちは沢山の人たちに囲まれて生きていますので、

知らずに『○○な人がいいはず』と人物像を創っているものです。


その人物像と自分を同一視して、自我を創り上げていきます。


この人物像が、ときに窮屈で自らを苦悩させるものになります。


例えば、

人一倍成績が良くなければ注目されない

人一倍可愛くなければ優しくされない

人一倍稼いでなければ格好悪い

人一倍優しくなければ人に好かれない

人一倍いい人でなければ仲間に入れてもらえない

人一倍・・・・・・延々

などの定義を持っている人がいます。


こうした定義を持っている余りに、

定義に沿った行動をしようとしていきます。

結果、散々たる苦労を持つ羽目になります。


アーマ(未消化物)・・・憤り、悲しみ、憂鬱、消化不良、だるさ、睡眠障害など

マラ(老廃物)・・・妄想、幻想、便秘、血栓、筋肉硬化、血管硬化、頑固など


結果がついて来なければ、人一倍落胆です。


こうしたループにハマりこまないようにするには、

理解してくれる聞き手を探して自己を語り尽くすことです。


アドバイスをくれる人ではなくて、聞いてくれる人がベスト♡


ここで恥ずかしい思ってしまう人ほど、自己定義は強固になってます。

隠すために自分でもよくわからなくなってるほど。


人間は定義に沿って行動するのだから、

もっと自由な定義を創ってみましょう!


例えば上記の定義を一工夫。

始めた頃よりも着実に前進していく自分があればいい

誰の個性も素晴らしいもの、大切にしている人が本当の優しい人

生活を維持できるならそれで素晴らしい

人はそれぞれの価値によって好き嫌いを決めているもの

いい人の基準は曖昧なもの、会話を交わして理解し合うのが先


どうでしょうか?

ちょっと言葉を変えるとニュアンスが変わりませんかね。

あなたもやってみてください。