Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

生活をそのものがアーユルヴェーダの教材です



生活の場を『実践する場』と考えてください。


アーユルヴェーダは命の科学ですから、

机上の空論で済まさず、

生活に実際に手を加えて、変化を楽しんで観察します。

それでやっと命の使い方がわかりますよと、お話しさせていただきました。


昨日と同じことをしない。

昨日が嫌な日だったら、まして同じことはしない(笑)

とコメントしたら、座学に参加していた人が笑っていました。


食事の学習も食事作りに参加して、

食事を召して、それがどのように身体に響くか体験しない掴めません。

実習して、初めてその全容がわかるのがアーユルヴェーダです。


生活を落ち着いて暮らせない人のヴァータ性(神経過敏)が、

どうしても鎮まらない原因に、

実習をさけ、妄想で済ませてしまうだけ。ってケースが多いです。


神経過敏を乗りこなすコツは、

何かに集中させてあげること。

人間の脳は、

一つに手中させてあげると、それ以外の雑念が鎮まって、落ち着きを取り戻す習性があります。


作業をしてみましょう♪

そのものが、とても大きな影響を及ぼしてくれます。


考えに思いを馳せている時間を、

実習する時間に当てられるようにしてください。