Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

生活習慣をブラッシュアップする時代へ③



一度にたくさん動くことよりも、

毎日身体を動かして、

小さなことをコツコツ積み重ねていくほうが効果的です(*^^)v


筋力運動のコツが体得できれば、部分痩せだって簡単です。


わたくしごとですが、

今年健康診断をお楽しみにしてました。実験結果が出るからwww

前回のBMIは、

コロナの影響で運動療法の提供に勤しんだため、

(思いがけず・・)『やせぎみ』になってしまったので、

何かこれを題材に出来ることはないかと実験してました。

食事の回数をまず増やし、

サイズダウンは続行、体重を増やすことにチャレンジしてました。

見事達成。筋肉増強。

重さより質ですね。


筋肉がつくと、身体がとても軽く感じます。

メンテが上手くいくようになれば、朝起きると綿菓子のように。

リズムに乗ると、不益な選択に敏感になるので疲れにくくもなります。


誰もが生活の中で取り入れやすいものをと思いtryしました。

生活リズムに動と静のコントラストを盛り込んで楽しみ、

食事と運動は『素朴と丁寧』で気を配り、

あとは年齢的にもセルフマッサージで、

経皮からも栄養を摂る習慣にしてます。


忙しくすることは、『心が亡くなる』と書くの気をつけます。

身体も心も、毎日小さな積み重ねが効果的です。


アーユルヴェティックライフ・ディナチャリアは、

長年のベースですが、

そこにより小さな注意事項を盛り込んで、一年間取り組んで参りました。


①同じルーテインヨガでも、ますますスローな動きで負荷をかけるようにする

(回数は増やしてません)

②食事に関しては今日のブログ内容をチェックしてね。


では②について。

食事に対する常識を破りましょう。


人は、案外無意識の中で、

たったひとつの考え方にしがみついているものです。


内臓機能の代謝を改善する簡単なコツあります。


①空腹を必ず実感する(グルグルグルなりそうな感じ)

②空腹になってから、最初に摂るのは温かい白湯(ぐびぐびと飲めるほどの熱さ)


ちょいちょいプチ断食の決行』です。


これはね、

胃袋が『温泉に浸かって療養している』ようなものです♡

胃腸消化機能促進になります。


こまめにやってあげると、とてもよい習慣です♡

胃腸機能があがると、デトックス効果も高くなります。


消化不良などの老化現象を遅らせ、

体型も維持しやすいし、

なんせ、肌の調子が断然よくなります。


閉経してる女性は、ホルモン分泌が特に減少するので、

あっという間に老化がすすみますから、ぜひ決行してください。


飽食の日本では、

現代人のほとんどが小腹が減った程度で、次の食事を摂取したり、

時間になったから空いてなくても摂る習慣。だそうです。


これはどれも悪習慣です。


そうそう、

夜寝る前にたくさん食べて、

胃はもたれぎみだけど、いちおう朝には空腹になってる。は違いますよww

これも悪習慣。


たとえば18時に夕食を食べたとして、翌日の昼まで何も摂らないと想像してみてください。

空腹のイメージがわかるかしら。

ぐうぐうお腹が鳴りそうでしょ。

これくらい空っぽにするような感じね。

夕食を軽めにしておけば、早朝6時には空腹を感じるようになるはずです。

お湯一杯がとても美味しく感じます。


今時期は熱中症を考えると、水分の補給は夜分でも必要です。


耐力をつけようと、

多めの肉や魚を摂取しようと考える人は誤りです。

油性の多い食品同様に、

胃腸に大きな負担をかけて重労働をさせているのと同じです。

寝起きのだるさが抜けない人は、次回のブログをチェックしに来てくださいね!


体力をつけたい・復活させたいと思うときほど、

先に『ちょいちょいプチ断食』を決行して、

メリハリある食生活を手に入れてください。


普段の生活で胃腸機能を活性化させておけば、

たとえたまにジャンクやご馳走を召し上がっても、

心配はご無用になります。

生活は楽しまないとね。


④に続きます。