Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

病気の種子(病気の発端)


アーユルヴェーダで『疾病』を考えたとき、


その動機は日本文化ではちょっと捉えずらいかもしれません。



風邪を引いたかなと思った場合、


鼻水、咽頭炎、咳、発熱などを伴っため、

病院で診察を受け、

必要な薬物療法を行うことでいずれ改善すると考えるはずです。


サロンでは、

風邪を招いた日常生活のあり方が問題と考えます。


招いたのは誰か?

その人がどんな生活をして治癒能力を下げたのか?


一体どの辺りで選択ミスをしたのか?


欲するままに正しいと思って選択したものは何か?


思考が根源で種子です。


それが繰り返されて蓄積し、

増悪のまま、

肉体にバラ蒔かれて広がった(播種)という流れです。


不益に向かった種子を取り除くので、

行動パターンが変化し、

治癒力を妨げるものがなくなるので、

健康が戻ると考えるのですね。


治癒力を妨げる生活そのものを改善すること自体が、

アーユルヴェーダの目的です。


サロンでは、

不調や病気になるごとに、

よく考えるので、

生活自体が段々『自分らしく整い立て直される』と考えてます。


思考を意図的に変えることが、何よりのお薬なのです。