Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

神経過敏のケアには密着の欲求を満たしてあげる


日本人の気質についてご存知ですか?

もとは『細やか』『几帳面』。

この性質の反面は『神経質』。


ヴァータ性がすぐ上昇しやすい性質です。


神経質は、心の中が喧騒なので、

不服者が合わさると、

時に集団ヒステリーまで起こすほどの大問題を引き起こします。


気難しさがあったら、

それは、文化を引き継いでいる証ですね。


肉体の不調は、

『出し損ねた気分の代弁者』と考えるほうが、自分を理解しやすくなりますよ。


育児で考えてみましょう。

赤ちゃんが良く泣くと嫌がる親御さんが多いですが、

赤ちゃんにとって母胎が天国です。

あなたを大好きだから求めて泣いています。

赤ちゃんに真っ直ぐに愛されているのです。


泣く姿を笑って『大声で運動会をしてる』と受け止めてるママは、

愛し愛されている関係がもう生まれていて、

脳内では、オキシトシン神経物質が放出し、

大変な事情を苦痛と思わずに対応できるほどです。

こちらは『密着の欲求』を満たしてきています。


一方、

泣かせてはいけない、うるさい、叱られる、周りに怒られる、

赤ちゃんと意思が通じない、赤ちゃんは親を嫌いなんだなど、

神経が過敏に働く解釈をしていくと、

悪いこととして抑圧しようとするから、

余計に心理的負担が生じ、育児がとても恐ろしく苦痛でしかありません。

こちらでは『密着の欲求』が満たされず、

常に外を不穏に感じてしまうセンサーになっていきます。


私たち人間は、

気分の表現をどのように『受け止めていくか』また『受け止められたか』で、

まったく違った人生を生きることになります。

ここポイントです。


親が神経質な性質を持った人格スタイルだと、

育児中にそれを吸収して、子どもも後天的にヴァータ性が強くなり、

自分自身のことなのですが、とても扱いづらくなります。


家庭内でみんなの価値観が一緒になるほうが『ラク』『正解』と思いそうですが、

全員神経質って、相当大変ですよ。


あなたの生活が、

規範依存(言いつけ厳守)、成績主義、独善的な正当化から生まれた評価で、

生活が営まれていないかチェックしてみましょう。

これだと『密着の欲求』はほど満たされていません。


溜まった神経質は、

子どもの頃よりも、青年期を越えた頃から深刻な状態で表面化する仕組みですから。


気づいてケアしましょう。

密着の欲求を持っていることをしっかり自覚します。


マッサージやハグは、その密着の欲求を満たすため、相当な効能をもたらします。


神経過敏による肉体の緊張をしっかり解く時間は、

自分を保護し、愛し直す時間です♡実行しましょう。


また、

肉体管理(ストレッチ・ヨガのアサナ)をしているとき、

じつは私たちは自分の手で、自分の体を触り、スキンシップに相当する行為をしていますよ。

だから、こちらも朝晩決行しましょう。


不満の理由をしっかり理解した上で満たされる悦び・愛のありがたみがわかるから、

人までも適切に愛せる。それが自然な摂理です。


マッサージに来られる方が、

施術後に、ご自身の愛し方が変わるのは不思議ではありません。


不調の改善に『密着の欲求』を満たす時間を作ることをお勧めします。

子育て・自分育てに役立ててください。