top of page
Search
  • Writer's picture湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

肌は内臓の鏡(五月病の予防①)


先日は、空腹になってから食事を摂る習慣をお話ししました。


空腹のときには一杯の白湯がとてもおいしく感じます。


これが健康な状態で健康な味覚です。


特に朝の一杯の白湯(温かくぐびぐび述べるぐらいの熱さ)は、

胃袋を温泉に浸からせているようなものなので、

非常に胃腸機能の改善・予防策になります。

ぜひ実施を。


健康な内臓と健康な食事によって、最もお肌のよい状態がつくられます。

中がちっともよくなくて、上辺だけのお手入れでは不経済です。

中からの健康を考えて、日々生活をするのがアーユルヴェーダです。


空腹から朝食をとると、

その人の個人の食事量や燃焼具合が掴みやすくなります。


肉体は世界で一つなので、つねに試して、自分のライフスタイルを確立してくださいね。


ヴァータ性が強い人は、重たい食事は辛く感じます。

消化力にムラが起きやすいこの性質の人は、軽めで、勝回数を増やすようにします。

ご飯食が重たいと感じる人もいるほど。

そういう場合は、パン食やホッパーなどで調節します。


ホッパーとは、スリランカ版米粉のクレープ皮みたいなものです。

2時間以上浸水させたお米を石うすでペースト状にしていくもの。

ご自宅でつくる場合は、米粉で代用し色々なアレンジが効きます。

ちなみにインドではドーサ(米粉と豆粉のクレープ皮)かな。

美味しいですよね。


スープや果物と一緒に取るぐらいで調節し、胃腸に負担をかけないようにします。


空腹になるとイライラしやすく、とにかく時間通りに食べたがるのはピッタ性の人。

消化力が強いので、このタイプは食事をしっかり朝からとっても大丈夫。


気をつけたいのはカパ性の人。

脂肪も蓄積していて体力がありそうなのですが、

消化力に関するとイマイチで蓄積しやすい。

燃焼作用よりも、脂肪の再生成のほうが優勢だったりします。


カロリーの高めなものが好きな傾向で、

甘いものや冷たいものを取る傾向が高い人です。


朝からどっさり食べるのは注意。

とくに朝は、身体の体温上昇や燃焼作用の働きが遅い傾向なので、

気をつけたいところです。


生サラダや牛乳やヨーグルトは栄養もあっていいという情報なのですが、

このタイプが冷たいものを摂ると、

身体が冷えやすい状況をつくって胃腸機能にブレーキをかけてしまいます。

ここは近代生活では見落としがちな食生活です。

温かい食べ物に切り替えてみてください。


消化が正常に進めば、自然と体は調子が上がってきます。

空腹から食事の調整を試みると、自分のタイプがわかって助かりますよ。


いつまでも健康な肌は、食事から出来ているのですから是非お試しあれ。




コメント


bottom of page