Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

膿みを出して心の中から救われよう


今日は双子座日食。

先月末の射手座月食とワンセットになってまして、

結構はっちゃけた感じです。

明日には火星が蟹座を抜けて獅子座に移動しますし、

ここからは、ちょいと表面的なことだけで終わらせず、

中身からのコミットにシフトしていくのかなぁと、

イメージが浮かびました。


この一か月半、火星が蟹座に滞在中、ダムの決壊のごとく、

感情の暴発が起こってしまった人もいらっしゃったかもしれません。


でもそれ、膿みだしです。

口からデトックスした。と思ってみてはどうでしょうか?

やり方はどうあれ、

出たものは自分の深奥に『在ったもの』ですから。


お互いに腹の中に溜めこんでいたものを、

俎上にのせて、お互いの姿を見つめ直すことは、

けして悪いことではないはずです。むしろ逆。


在るものを在ると認めてから、やっと始まるものってあると思います。


自分が一番自分を理解していなかった。ってことだってあるじゃないですか?


防衛の方法ですら、

相手を守るためと言いながら、けっこう自分のための防衛であったりします。


そうした誤解も、ぶつかって、放出して、初めて理解されるもの。


今までは受け入れられなかったことが、今は受け容れられるようになるとき。

結果的には万々歳。


双子座が示すように、

似てるけど、個々は違う人として相手を尊重する。

お互いを改めて大事にし合えるスタートが、

今日の日食から、かなうように思います。



膿は溜まらないようにしたいものです。

次回は『規律正しい生活は誰のため』と題してご紹介します。