Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

自己喪失と身体と果ての精神疾患



依存度の強さと、


虐待の頻度は比例します。



心の飢え、渇きに対して、


愛情ではなく、


物を得る感覚で薄れさせてきた人たちが、


しばらくして体で不調を訴え、


後に精神疾患を患っているのが最近よく分かってきました。



心の飢えや渇きは、問題を次から次へとつくりあげます。



愛情で優しい感覚を味わってきた人と違って、


物質で誤魔化されてきた人は、


表向きの嬉しい感覚とは別に、


その影で自然と『憎しみと恨み』を知って持っていました。



ここを見落とされていたのです。



割り切れない心は執着心を異常に育てていて、


必要には思えないものを必要だと思い込み、


ますます淀んだ心になっている。


けれどそれにも気づかず、


病にまで陥ってしまってました。



精神疾患に至った人たちのほとんどは、


雨を凌げる家があり、


食べ物も与えられ、


学校や教育も十分に受けさせてくれたにもかかわらず、


肝心な人間性は、


優しさや愛情ではなく、


『憎しみと恨み』を自然と覚えてしまって、


ずっと抱えて消化しきれなかったのです。



嫌な性格の人なら離れれば事はすみますが、


嫌な性格の自分からは逃げ場がありません。


これは想像を絶する苦痛です。



自己の喪失は、まず心理的に憤怒に関与します。


考えるより先に脳神経を通して各器官に指令が渡ってます。


葛藤や絶望感から内臓系は消化不良、


運動系は頭痛、肩こり、首こり、噛みしめ。


という具合です。



自己を埋め尽くしていた『憎しみと恨みの感情』が動機づけ。


心が硬直した状態では、


何を食べても『垂れ流し』と知ってください。



怖いですね。


さぁ語って処分しましょう。



これね、すごく軽くなります。


硬直した気構えを開錠すると、


防衛・攻撃態勢を命令していた脳神経が、首肩周りの筋肉の緊張感を解きます。


抑え込みの緊張感が抜けて、


脳神経(迷走神経)の管轄である内臓(大腸部)までそれは行き届き、


消化が促進して、食べ物がおいしく感じるようになります。



メンタルのコーチングを始めると、


上記のような現象が芋づる式に起きます。



サロンでは語りながら解すコースがいっぱいあります。


是非ご利用ください。



自己を喪失してた場合、


自己を管理する能力を育成する時間をつくりましょう♪



次回は23日です。