Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

自律性は丈夫な愛のなかでつくるもの


ものごとが続く人と、続かない人の差はどこで生まれるのでしょうか?


積極性に続き、今日は自律性のお話です。



自律性を掴むために、先に非自律をご紹介します。


非自律とは、マイルールをつくらずに、外から頂いた『規則』にただ従事することです。


専門用語で規範依存性といいます。



言いつけに従うのか、それとも従わないのかで判断されるため、


やらなければ罪意識がつきまとってしまいます。



これは、批判・評価・承認の目にいつもさらされる仕組みなんですね。



規範依存性は硬直性が伴うものです。


それで、気持ちが暗く重たくなります。



つまり何が言いたいかというと、


ものごとがなかなか続かない、面白くないと感じてしまう人は、


あなたの性格が、まだ自律の真髄まで手が届いていない状態なのを知りましょう。


脳は育ちます、上書きできます。



自律性とは、堅物・硬直の反対です。



伸びしろがある枠組みのなかで、自分にやらせてあげるのです。



批判や評価並びに他人の承認を持ち出しているのは、じつは自分自身なのです。



それらの習慣から距離を置き、


経験を積ませてあげるようにするので続きます♡



折れないひとっていますよね。あれは自律性が礎にしっかりあるからです(*^^)v



ダイエットも、不調からの社会復帰も、心機一転も、


ハートフルコミュニケーションを心がけて続けましょう。



あなたのなかに、


自分にやらせてあげる力、


自分を信用する力、


自分の状況を理解する力、


自分を受け止める力、


それと丈夫な愛が育っていきます。