Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

蘇生を意識して生活を整える


更新が遅めになってしまってました。

すみません。再開します。


蘇生を強化していくために、ちょっと書いてみました。


私たちの生活は明らかに変わりました。

自己をもう一度取り直すチャンスとして活かして生きましょう。


あなたはどんな誕生秘話を持っていますか?

叶うなら、ご両親に誕生のときのことや、

乳幼児期のことを聞いてみるといいですよ。


新生児や乳児のころは、

あなたの先天性(プラクリティ)のヒントが満載です。


体格(低体重、引き締まり(ふつう)形、まん丸ぷくぷく形、髪の毛ふさふさ)、

泣き方(小さくシクシク泣く、強烈に大きく泣く、だんだん大きくなるように泣く)、

寝方(あまり寝ない、要求がある時だけ泣いて一人遊びをよくする、良く寝る)

身体の動かし方(おしとやかに動く、運動会のように良く動く、もったりもっさり)


という具合です。


生理学的な見解は、アーユルヴェーダの3つのドーシャに振り分けられます。

つまり、ご本人の先天性が掴みやすくなってます。


それぞれの特性を掴んで育児に活かし、オリジナルな人生を展開しやすくしています。


それを知らずに、親の都合で掻き乱してしまったり、

事情を過った解釈で受け取ってしまうことで、

こどもの素質は複雑に絡まり、

心理的負担を増幅させて活かし損ねてしまうのです。


これは生きづらさとなって、ご本人に襲いかかってきます。


赤ちゃんの行動は、

その子がこの世を生き抜くために、どうしても必要だから備えたものを分かりやすく表しています。


『人生の課題』はひとりひとり違います。

親子であっても、全く違います。


子どもの人生は、子どものもの。

親は、一番の理解者で協力者の立場です。


子どもが親を立て、

自分を押し殺して必死に生きるためにあるのではありません。

今は、そのような時代でもありません。


課題をスムーズに乗りこなすために、備えた特性を意識してみましょう。

それを伸ばすように向き合います。


大人になっても、これは同じ。

迷ったとき、停滞しているなと思ったときは、

『今までのやり方では、もう通用しない知らせだ』と思ってみましょう。


蘇生を意識してみて。


大人になって病気や苦痛にさいなまれるときほど、

独自性に立ち返るための知恵を開発するときだと、改めて解釈してみてください。


『命の誕生』は、どれも尊いものです。


尊い存在』を意識するとき、

自分を『好き』になっていますよ♡


自身を『肯定的』に捉えて、人生の満足度が復活させていきましょう!



次回更新は17日です。