Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

運を上向きにし続ける人の日課


宿命と運命論。


重要なのは運命論のほう。


ハンドリングする意思があなたはありますか?



アーユルヴェーダの人生の柱の中に、


ダルマの次に出てくるのがアルタ(経済的)についての教えがあります。



運を上向きにするとは、財や愛や幸福の源を増やすことです。


ここで運を上向きにする人が習慣にしていることをお話しします。


これはお金持ちの人の習慣とも言えます。



①時間の無駄遣いをしない


②体力づくり、健康管理を行う


③必要のない人的ネットワークは増やさない



①は忙しいのとは違います。忙しいとは『心が亡くなる』と書きますでしょ。


メリハリがついていて、ロスを作らないようにするのね。


限られた時間を有意義に組み立てて使っているって意味。



②肉体の管理は要。なぜなら最高のパフォーマンスが生まれるのは、


健康な肉体だからなのです。


頭の回転が研ぎ澄まされているときは、体がベストなときです。



③自分のためになる人とだけつき合う。搾取目的やマウントタイプ、


それから口だけで実行をしないような人とは縁を切る。


自分も勉強し、勉強家と縁を多く持つ。



凄くシンプルなのですね。


運を上向きにし続ける人は、自分の実行力に見合った人と付き合っているだけです。


ということで、まず自分自身を調整することが鍵ですよ。



ダルマとアルタは幸福の源泉。実践してください。


現在実行している人は、その生活をそのまま続行。


あなたの姿が見本になるような意識で、生活をより輝かせてください。