Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

言葉で誤認し合う時


Justice

窓の外に広がる晴れた空をどの様にして表現するのかを考えてみましょう

澄み切った青い空

綺麗な空

すがすがしい空

美しい空

などなどあります

どれも事実は伝えてません

個人の主観からの言葉です

情感が思いっきり上乗せされて入り込んでいます

雲がある空

雲がない空

事実って味気ないですね、、、

段普段よく使う

「ちょっと」や「結構」「たくさん」「少し」も

全部個人的な物差しからの色眼鏡で現実を表現している曲者どもです

人間はいつも主観だらけです

自分の感受の仕方をお披露目したがる者なのです

小競り合いは子どもの喧嘩の如く自分の主義主張の争いです

主観の正しさの争いなんですね

せめて小競り合いが起きたときは

「僕の、私の感じ方は正しいですよね」

「僕の、私の感じ方から生まれた考え方は一番ですよね」と

承認と確認をしなければ落ち着かない

不満不安解消のための幼い行動だと良く自分を客観視することです

主観を脇に置き冷静になるほうが傷口が深くなくて済みます

#心理