Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

予想通りでない現実に価値がある


自分が理想とする完璧な人生でなければ、

やるに値しないと思い詰めることほど、愚なるものはない。

現実に手に入れているモノに、感謝がないということが、

「心の貧乏」をつくりだします。

欲しがることしか、心も頭もしなくなりますでしょ。

とめどなく周りに対して、依存する状態をつくり、

協力要請を望んだところで、所詮知れたところです。

すぐに、取引不成立の顕現化。

怒り、憎悪、嫌悪、嫉妬、被害者意識などのネガティブな感情と、

取引をしているようなものです。

不幸や失敗を、自分で招き寄せていますでしょ。

毎日の生活の中で、

今日は何が起きるのかな!?と、思うぐらいのほうがちょうどいいのです。

予定外のことが起きても、予想外のことが起きても、

今起きていることが、価値あることなのです。

自分の成長の為に、ただそれが在るだけ。

それにしっかり対処しているだけでも、

メンタルはタフになります。

「こうすれば ああなる」との先読み思考観念が習慣化しているのは、

一種の異常心理なのです。立派な囚われです。

自分の観念に、閉じ込められているんですものね。

アーユヴェーダでは、動性気質は、ラジャスと言います。

ラジャスの最も邪悪な状態とは、「悪魔的ッ!」と言われています(ひゃーっ)。

情悪状態のことを指すんですよ、、、

気づいて止めましょう(*'ω'*)♡

#ヴェーダ