Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

五感を鍛えて自分を知る


肉体(シャリーラ)に備わっている知覚器官の機能は、

一人一人微妙に違います。

知覚神経(ジュナーネンドリア)から脳に送られたあと、

情報処理は、一人一人特性が加わってしまうのです。

意(マナス)の中から、

適切な識別(覚性)がなされないと、

困った欲求行動へと走ってしまうようになってます。

アーユルヴェーダや出所が一緒のマクロビを楽しんでお勉強している方から、

体調不良の件でご相談を受けることが多々あります。

ご自身の実践で、自分に合う食事の内容に微妙に、

改変する必要があります。

たとえ書籍で説明されているような内容の実践をしてみても、

一人一人の結果は、違ってきます。

必要な栄養と、代謝の機能は一人一人違いますのでね。

安易に、炭水化物を急に抜いてしまったり、

蛋白質を気にしすぎて、変更したりカットしてしまうのは、体調不良を招きます。

身体の維持には大切な要素です。

医師にお伺いしたところ、

例えば、代謝機能において、

必要栄養素が摂取できない場合に、

①別の栄養素から、体内でエネルギー化で出来る人もいれば、

②必要栄養素でなければ、体内で賄うことが出来ない人もいれば、

③どちらの機能も持っている人がいると。

正直、試してナンボ。

自分の五感を使って、経験して調整していく必要があるのですね。

手間を惜しんで、知識を丸呑みしていると、

かえって病気を作ってしまうこともあるのです。

意(マナス)によって、望ましい結果にストレートに向かうこともあれば、

そうでないこともあります。

経験を重ねて、吟味して、自分らしい生活スタイルを作るようにしてください。

#ヴェーダ