Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

肉体が活性化すると愛情は増える


生活では感情と知性が調和するのを目指します。

動き過ぎず、動かな過ぎず。

年齢相応にちょっと負荷をかけて維持すると肉体は最も良好♫

昔から愛情や精神力のために、体を鍛える習慣がなぜあったのでしょうか!?

今日は一回目。

アーユルヴェーダでは身体構成要素(7つのダートゥ)を活性化させるように促しています。

ラサ→ラクタ→マーンサ→メーダ→アスティ→マッジャー→シュクラ

(乳び→血液組織→筋肉組織→脂肪→骨→骨髄→精ホルモン)

それから身体中を駆け巡るスロータス(管)=ヨガはナーディの流れを良くして、

生理作用をさらに増進。

それらがオージャス(ヨガではテージャスとも)となって生命を支えると考えます。

たとえばオーラや後光と解釈する人も。

精神力、特別な生命力、真力等が該当します。

科学的には免疫、抗体ですね。

それは自他を愛する力。活性力。

ヨガも出所が一緒なので同じ考え方を持ってます。

つまり活性力を上げると愛する力も上がるのは事実。

活力があれば人に分け与えてあげられますでしょ。

人から貪るより分かち与えるを選ぶ人(不貪)は、

それだけで怒りから解かれて明るい喜びの心になってます。

うまい具合に廻ります。

オージャスが減少すると他人はおろか、

自分自身ですら愛せなくなります。

すると困ったことが起きてますよね。

だから肉体には沢山有益なことを与えてあげる必要があります☆

というわけで一回目は、

肉体を大事にする人は愛情が増加して、

人に愛情をあげられる人になるってお話でした。

#ヴェーダ