Search
  • 湘南茅ケ崎 サロンハナミズキ

アーユルヴェーダの真心


アーユルヴェーダは「心身魂」で成り立っています。

この「心マナス」の使い方をサロンでは重要としています。

今年秋までにかなりのストレス因子を、

立て続けに持ってしまった人たちに出会っていました。

皆様には今年12月から始まる再建に向けて、

徐々にキックがかかっていたと説明して、

チャンス到来と意味づけをし直してもらってます。

そこで心マナスを暴れさせない工夫を伝授。

意欲を持たせてくれるのは愛情です。

ちょっとした言葉も使い方で明るい気持ちになります。

ご自身の病気を悔やんで辛く落ち込んでいる人は、

是非やって欲しいことがあります(^^♪

『私は病人です』『私は体調不良です』『私はダメです』

なんて言葉を使っちゃいけないですよ。

これはご自身に冷水をかけているようなもの。

情熱が火で打ち消されてしまいます。

ではアーユルヴェーダではどうするのでしょうか?

アーユルヴェーダの真心とマメ知識を伝授。

『私の身体の一部が、只今訳あって不具合になってます』

『私の身体の肝臓が、只今お疲れ気味です』

『私の身体の胃が、食欲不振になってます』

『私の身体の腰が、只今痛みを伴ってます』

『私の携わったこの行動に、一部問題がありました』

「私の」と主語を変えることで「私」を救っています。

あくまでも「私」の持ち物である身体や何かが、

一部改善が必要なだけだと意味づけてます。

「私」は病んでいません。

「私の意思」は病んでいません。

「私」はいつだって冷静に「私の持ち物」をチェックできるほど意思は冴えてます。

だからいつでも行動を変えて挑めます。

素晴らしいね。

生きる知恵です。good job♡

11月前半に入って、

これからのことを考えてうきうきポジティブ組と、

過去を懐かしんでちょっとネガティブ組の、

二手にしっかり分かれているのがとても印象的です。

言葉を使ってポジティブ組に仲間入りしてください。

#ヴェーダ